送り火の夜のゆらめき。

NOG_9426-a.jpg

© SATOKO NOGUCHI

闇の奥から少しずつ
念仏と共に近づいて
ゆらゆら、ゆらゆら、ゆらゆらと

その一つ一つには魂がのっていて
意思があるように浮遊している
まるで今を味わっているかのように

結局対岸まで来ることはなく
勿体つけてゆっくり流れた
ゆらゆら、ゆらゆら、ゆらゆらと

夏になれば訪れたくなる場所。

IMG_8931.jpg

© SATOKO NOGUCHI

縄文展に行く前に
不忍池を訪れた

ここは夏になれば訪れたくなる場所

太陽が照らす蓮池はすっきりと美しいのに
その奥には妖艶で陰湿な気配がある

訪れるなりたちまち
その怪しげな雰囲気に呑まれてしまう

クラクラしている私の横に
溌剌とした女子高生たちがやってきて一言

「ぼーぼーじゃん!」
ケラケラ笑って去っていった

白白明けに。

024-NOG_2203

©SATOKO NOGUCHI

・                       じゃり
・                       じゃり
・                         じゃり
・                       じゃり

白白明けに
短く響く

ゆっくりと一歩ずつ
玉砂利を踏みしめているのだ

その音は静かに流れる
五十鈴川と重なって

わたしを世界へと誘う

白鷺が舞い降りた途端
蝉が鳴き出した

しめ縄とお稚児さん。

IMG_7214.jpg

© SATOKO NOGUCHI

夏バテして弱った体が
敏感に反応するからだろうか

早朝の四条通へ出ると
食べ物が腐敗した匂いが鼻をつく

太陽に背を向けて
お稚児さんを乗せた長刀鉾が
到着するのをじっと待っていると

汗が体のそこかしこから
皮膚を伝っておりていく

それが永遠に続く
シーンのように感じられる

見事なしめ縄切りに歓声が上がって
やっと夢から醒めた気がした

その頃には朝の匂いは
もうどこかへいってしまっていた

祇園祭 前祭 山鉾巡行 2018