どこまでも幸せの香り。

 

DSCF2800.JPG
©️  SATOKO NOGUCHI

いつものヘアサロンのお向かいは
昔ながらの和菓子屋さん

予約時間が迫っているのに
「桜もち」の張り紙に目を奪われ
足はくるっとそちらを向いた

店内は桜の香りに満ちていて
それだけで幸せとなった

帰ってからそっと包みを開くと

可憐な香りとともに
しっとりとした桜もち

目を閉じて口に含む
広がってゆく世界

指に残った香りを聴きながら

今日もどこかで咲き始めた
ソメイヨシノに想いを馳せた

 

きらめき。

 

DSCF2426 2.jpg
©️ SATOKO NOGUCHI

桜を見に行った帰り道

ふと右目の端に
何かを強烈に感じた

それは通り過ぎた私を
立ち止まらせるほどだった

自転車を降りて
その路地まで戻ると

古い町家の塀の上で
ミモザの大木が

生のきらめきを
謳歌している

その姿は
とても官能的であった

 

 

飛梅とムクドリ。

DSCF2080 2.jpg

©️ SATOKO NOGUCHI

 

早朝の北野天満宮
誰もいない境内を散策していると

本殿前の飛梅という名のご神木を
一羽のヒヨドリが
独り占めしているのに出会った

ヒヨドリはたっぷりと時間をかけて
梅の枝を軽快に飛び回り

余程の喜びだったのであろう
雄叫びをあげて

天高く舞い上がっていった