きらめき。

 

DSCF2426 2.jpg
©️ SATOKO NOGUCHI

桜を見に行った帰り道

ふと右目の端に
何かを強烈に感じた

それは通り過ぎた私を
立ち止まらせるほどだった

自転車を降りて
その路地まで戻ると

古い町家の塀の上で
ミモザの大木が

生のきらめきを
謳歌している

その姿は
とても官能的であった

 

 

飛梅とムクドリ。

DSCF2080 2.jpg

©️ SATOKO NOGUCHI

 

早朝の北野天満宮
誰もいない境内を散策していると

本殿前の飛梅という名のご神木を
一羽のヒヨドリが
独り占めしているのに出会った

ヒヨドリはたっぷりと時間をかけて
梅の枝を軽快に飛び回り

余程の喜びだったのであろう
雄叫びをあげて

天高く舞い上がっていった

わたしはどこにいる。

DSCF1283 2.jpg

©️ SATOKO NOGUHCI

たったいま頭に浮かんだことが
次の瞬間には抜け落ちている

気をつけて
こころを結びつけておかないと

ややもすれば
私のものだと
信じているこの肉体は

私のものでは
なくなってしまいそう

そもそもその肉体は
自身のものなのか

さくらは私に問いかけた

しとやかな湯気。

IMG_8976-2.jpg

©️ SATOKO NOGUCHI

山上の清らかな空気に
純白の湯気がしとやかにゆらぐ

そのゆらぎは
張り詰めた緊張をほどき

神楽女のエレガントな身のこなしを
導くように空にとけてゆく

ふんわりと
意思をもって

石清水八幡宮 湯立神事

虹をかける。

DSCF5359-3.jpg

©️ SATOKO NOGUCHI

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

2018年さいごに見た鴨川には
大きな虹がかかっていました

自分を生かしてくれている
すべてに感謝する心を忘れず
2019年も精進いたします

皆様にとって素晴らしい年と
なりますように