勾玉お月さま。

NOG_6330-c

©SATOKO NOGUCHI

まるで命を宿しているような
黄金色の勾玉

それは当然のように
真っ黒な闇を纏っている

ご飯の仕度が終わり
もう一度見ようとベランダに出ると

白いお月さまが別人のような顔をして
そこにいた

キンモクセイの香りが
鼻をかすめていった

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中