ヒグラシ。

NOG_9340

©SATOKO NOGUCHI

 

お山がすべて蝉の大群に
支配されているのではと思うほど

耳に迫る鳴き声が
徐々に小さくなっていく頃

ヒグラシのノスタルジックな声が
どこからか静かに響いてくる

八坂の塔を眺めながら
諸行無常を感じた日


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中