鶯の声。

nog_4385

©SATOKO NOGUCHI

今朝は鶯の鳴き声で目がさめた
きっと隣の林から聞こえてきたのだろう

そうか、あそこには鶯がいたのか…
初めて春を迎える部屋で思う

辿々しい声が愛らしい

ぬるくなった湯たんぽを抱きしめながら
その鶯を抱いている気分になった

鶯よ明日も声を聞かせておくれ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中