追伸。

nog_0638-2

©SATOKO NOGUCHI

放置していた3日目のバゲットに
勢いよくナイフを入れていると

知らないうちにわたしの心は
どこかへ行ってしまっていたようだ

その刹那、鋭利な刃が皮膚を裂き
肉にすぅっと入っていくのがわかった

チャーミングな赤い液体は
小さな痛みと快感を伴って
今ここに私を戻らせた

さぁ
手放して次に進もう

 

門出を見送った日の朝


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中