夏の朝。

NOG_0124

©SATOKO NOGUCHI

日中のうだる暑さをひきづって
夜になっても温度は下がらず

寝苦しい
でもエアコンは苦手だから
意地でも付けたくない

窓を開ければ隣家の室外機が
ぶぅ〜ぶぅ〜と
うなり続け神経を逆なでする

なんども寝返りをうち
手に持ったうちわで
汗のじっとり滲み出た顔を扇ぐ

とうとう空が白んできた
寝ることを諦めて散歩することにした

こんなに早い時間に出かけるのは久しぶりだ
室内とは裏腹に
静かで爽やかな風が吹いている

その中に匂いを感じる

まだ先だと思っていた
次の季節の匂いを

嬉しくなって寂しくなった

ふと見上げると
鍾馗様が淡々とした表情で
わたしを見下ろしていた


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中