さくら撮影レッスン帳〜11・12

NOG_3495 のコピー 2.JPG

写真・テキスト:野口さとこ
©SATOKO NOGUCHI    

 

 

みなさま、こんにちは。
さくらの撮影レッスン最終回です。

これまでのレッスンを踏まえて
読んでいただけたらと思います。

これまでのレッスンでは

桜にフォーカスして
どうやったら桜の魅力が
引き立つかを考えてきました。

今日は、登場人物を増やしてみましょう。

 

 

さくら撮影の心得〜その11

「何かと組見合わせる」

 

桜と何かを組み合わせることによって
お互いの魅力が引き立て合います。

シチュエーションを生かして
撮影する感じですね。

この時も、基本シンプルな構図を
心がけてみてください。

 

こちらは増上寺から撮影した東京タワー。

_MG_2788.jpg

 

 

仁和寺の五重塔と御室桜。

NOG_8216

 

 

お寺の屋根の狛犬さんと桜。

0367_4635

 

 

誰かにモデルになってもらってもいいですね!

006_0670.JPG

006_1622

 
モデル:チャーリー
https://www.facebook.com/charlie.noguchi/

 

 

 

さくら撮影の心得〜その12

「シチュエーションで魅せる」

 

これまでのレッスンでは比較的さくらに寄って
花の魅力を伝えるには…、ということに
フォーカスしてきました。

ですが、それだけだとちょっと飽きてきますよね。

さくら撮影レッスン帳〜1・2

でもお伝えした通り、寄って撮ったら
引きでも撮ってみる。

引きで撮るのは意外と難しい。

いろんな要素が増えてしまって、何が伝えたいのか
わからない写真になってしまう。

そういう時は、目の前にある桜のあるシチュエーション
を伝えるということを考えたらよろしいかと思います。

 

例えば。

桜の名所に行くと人が沢山入ってしまいますよね。

それを嫌がらずに敢えて入れてみるのです。

 

こちらは浜離宮恩賜公園。

都会の中の公園。
桜を楽しむために人々が訪れています。

_MG_3028

 

鎌倉。鶴岡八幡宮への参道。

_MG_3603

 

京都、御室仁和寺の庭園。

沢山の人が列をなしていますね。
ちょっと報道写真っぽいかしら。

NOG_3165

 

東京、千鳥ヶ淵。

引きでロケーションを説明。
お堀に垂れる桜が見事です。

_MG_3148

 

京都、大豊神社のしだれ桜。

ちゃっかりチャーリーも写ってます。

NOG_0897

 

 

今日はこれから醍醐寺でさくら撮影会 ♪
お天気持ちますように〜。

では行ってきます!

あなたも素敵な写真を撮影してくださいね.

 

6日間ありがとうございました。

 

バックナンバーはこちら。

さくら撮影レッスン帳〜1・2

さくら撮影レッスン帳〜3・4

さくら撮影レッスン帳〜5・6

さくら撮影レッスン帳〜7・8

さくら撮影レッスン帳〜9・10

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中