お月さま。

NOG_5522
 ©SATOKO NOGUCHI

吐くたびに
空気に溶けて消えていく
白い息を観察しながら

いつもの散歩道を歩いた

夜の帳が降りる時間
藍色の空は
みるみる漆黒に染まっていく

白く薄いお月さまは
ほのかに優しく
世界を照らしている

その時わたしの白い息が
お月さまを包み込んだ


コメント1件


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中