余韻。

104-DSC04679©SATOKO NOGUHCHI

 

薄墨色の空の下
手すりに体を預け

蕩けるような水の動きを
適当に目で追っていると

心がほんの少し
海に落ちていきそうになっていた

すると軽やかなメロディが
背後から聴こえてきて

思わず振り返ると
えんじ色のコートを身に纏った
白髪の小柄な女性の鼻歌だった

妙に印象的なメロディと
足取りも軽やかな後ろ姿は
しばらくの間そこに余韻を残した

見上げれば
空が少し明るくなったように見えた


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中