束の間ブローチ。

12370676_925351254215090_4488364562106136168_o

©SATOKO NOGUCHI

十一月も終わりのある日

京都御所を散策していると
私の背中にカマキリさんがくっついていました

一緒に歩いていた方が見つけて教えてくれたので
私は反射的にコートを払ってしまいました

ポロンと落ちたカマキリさんは
ずいぶん弱っているようで動きも鈍く
ハァハァと息使いが聞こえてくるかのようでした

そして、せっかく心地よい場所を見つけたのに…
と物欲し気にこちらを見上げているではありませんか

私もそんなカマキリさんの姿を見て
こんなに大人しいのなら
この紺の地味なコートを
その美しいエメラルドグリーンで
ブローチのように彩ってもらえばよかった…

とも思ったのですが気を悪くされたようで
戻って来てはくれませんでした


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中