記憶の残し方。

12239263_911690522247830_3913714672371484168_o

©SATOKO NOGUCHI

目の前に広がる
松島の絶景を眺めながら
ため息と息継ぎ

ここにたどり着くまでに
正しいかどうかわからない坂道を
一時間近く歩かされる

だから
ため息は感嘆のため息で
息継ぎはただの息継ぎなのである

思い返せばこんなことばかり
簡単に手に入るより
それを手に入れるまでの
過程が濃い方が
実はとても記憶に残っている

だからこそ私は
望んでいない風で
こういう道を選んで
しまうのかもしれない


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中