健気に見えたので。

10473568_900223603394522_7583646551284138094_o

©SATOKO NOGUCHI

スライディングな感じが
健気で可愛く見えて

それでカバンの奥底で昼寝していた
カメラを揺さぶりおこした

ときどき車にぬいぐるみを乗せているのを
見かけるが見かけるだけでだからといって
私の心は動くわけではない

だけど今回は違った

いつもその体勢でそこでそうしてるんだ…
そう思うととても愛おしく思えたのだ

朝日に染まる。

12022510_899104426839773_2685036691687269609_o

©SATOKO NOGUCHI

夢の奥深くにいる自分を呼び出し
まだ暗いうちに布団から抜けだして
タクシー呼んで清水寺へ

うっすら夜明けを迎え始めた清水寺は
日中の喧騒が信じられないほど

神秘的なベールを纏っていた

清水の舞台から朝日に染まる京都を望む

呼び止められて。

12094817_896877940395755_8524482137060762002_o

©SATOKO NOGUCHI

 

待ち合わせ時間ギリギリであったが
止まらないわけにはいかない雰囲気が
そこにはあったのだ

その左手が私を呼び止めたのだろうか

目が合ったような気がしたが
微妙に逸らされているような気もする

不思議な表情

何かが宿っているに違いないと
またいらぬ妄想を膨らませた

でもそうでしょう?
どう見ても

写真を見返しながら
思いあぐねる夜

ドライブとユーミンと。

 

11221507_892073674209515_3078578718439289738_o

©SATOKO NOGUCHI

思いっきりアクセルを踏み込む

実家の小さな自動車は
わたしの予想とは裏腹に
ゆっくりゆっくりひたむきに
” 励ましの坂 “という名のついた
急な坂道を上ってゆく

思わず自動車に「がんばって」と声をかけた

自動車は無事に坂を上りきり
稲荷神社の横に停まった

秋の風がひんやりと頬を過ぎるのを感じながら
ファインダー越しに映る
カラフルな家たちに心を躍らせる

たいして代わり映えのない眺めのはずなのに
帰るたびに街の印象が違うのも不思議なものだ

帰り道は少し遠回りしながらドライブすることにした
ラジオからは荒井由美の曲が流れている

”目にうつる全てのことはメッセージ”

ユーミンにウインクされたような気がして
ハンドルを握りながらひとりニヤけた